沖縄の楽器である三線(さんしん)。
「さんせん」を沖縄の言葉で表すと「さんしん」となります。

13世紀から14世紀頃に中国から伝えられたと言われています。
当時の沖縄は琉球という国でした。
東アジア周辺の国々との中継貿易で栄えていた時代に、
中国からも様々な文化や物資が伝わってきたようです。

三線の原型といわれる三絃(サンシェン、サンスェン)も
その中の一つでした。

その後宮廷楽器として士族の間で嗜みの一つとされてきました。
士族の床の間には、刀ではなく三線が置かれていたそうです。

sannshin